ONLINE SPECIAL EXHIBIT 001: 岩井俊雄

「愛知芸術文化センター シンボル映像」1992年(オリジナルの制作年)

日本を代表するメディア・アーティストの一人である岩井俊雄は、1962年に愛知県で生まれました。そして、1980年代半ばからアーティストとしてアートやゲーム、テレビなどさまざまなフィールドで活躍し、現在は絵本作家としても知られています。岩井は1980年代から2000年代初頭にかけてニュー・メディアを使った作品を多く発表しましたが、残念ながら現在、当時の作品を鑑賞できる機会はほとんどありません。

一方、現在も鑑賞できる作品の一つで「愛知芸術文化センター シンボル映像」があります。これは、1992年に愛知芸術文化センターが開館するにあたり、館内で常時上映するための環境映像としてコミッション制作され、一時間毎に時報としても機能し、同センターと共に時を刻んできた映像作品です。

FArSのウェブサイトで展開するオンライン展示では、この映像作品が時報として1時間毎に出現する形で上映します。かつて岩井が、人々が集まるパブリックな空間のために作成した映像が、コロナ禍で人々がオンラインで時間を共有することが増えてきた環境において、オンライン時報としてアップデートしました。

ONLINE SPECIAL EXHIBIT 001: IWAI Toshio

Symbol Image of Aichi Arts Center, originally created in 1992

Toshio Iwai, one of Japan’s leading media artists, was born in Aichi Prefecture in 1962. Since the mid-1980s, the artist has been active in various fields such as art, games, and television and, currently, is known as an author of picture books. Iwai presented many works using new media from the 1980s to the early 2000s, but unfortunately, there are few opportunities to see his works from the period.

One of his works that can still be viewed is Symbol Image of Aichi Arts Center. The work was commissioned as a background video to be shown permanently at the Aichi Arts Center to coincide with its opening in 1992. Also functioning as an hourly time signal, the work has been marking the passage of time along with the center. For the current project, the video will be presented as a time signal on the FArS website. The work, which was once created by Iwai for a public space where people gathered, has been updated as an online time signal in an environment affected by the coronavirus pandemic where people are increasingly sharing time online. In addition, the public the materials from the time of production are presented online for us to think, once again, about how works of media art can be preserved and viewed.

制作に先立ち岩井俊雄が検討用に描いた「時報映像」絵コンテ
(提供:愛知県美術館)
岩井俊雄が担当者の越後谷氏へ送ったコンセプトテキスト(FAX)の複写
(提供:愛知県美術館)